» » バルセロナで自動車突っ込むテロ13人死亡。ISIS関与か|現地在住者の見解、メッシコメント等

バルセロナで自動車突っ込むテロ13人死亡。ISIS関与か|現地在住者の見解、メッシコメント等

2017年8月18日 ニューススペインバルセロナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコは世界140ヵ国、1400都市以上の海外在住日本人(ロコ)が登録する日本人のための海外プラットフォームです。

17日、スペイン第二の都市「バルセロナ」の中心部にあるランブラス通りで、車が旅行者などの歩行者に向けて突入するというテロが発生した。この事件により、少なくとも13人が死亡、100人以上の負傷が確認された。これを受け、外務省も海外安全ホームページで注意喚起を掲載している。

 

CNNによると、17日の夕方、バルセロナ中心部にある繁華街、ランブラス通りで、歩行者にワゴン車が突撃し、13人が死亡、100人以上が負傷するテロ事件が発生した。スペイン首相のラホイ氏は「これは、イスラム聖戦主義者によるテロ行為である」と断言した。

観光客も集まる繁華街で突然おきたテロ事件

今回事件が発生したランブラス通りは、オープンカフェなどが並ぶバルセロナを象徴する観光地。特に暖かい観光シーズンは、多くの人々で賑わっている。

事件発生時、自転車に乗っていた男性は、CNNの取材に対し、大勢の悲鳴が聞こえた方を見ると、白いワゴン車がアクセルをふかした後、歩行者らをなぎ倒しながら走っている様子が見えたと証言している。「ランブラス通りは歩行者に加え、露店やストリートパフォーマーでいっぱいだった。人々が宙に跳ね飛ばされるのが見え、誰もが通りの両側の商店に駆け込んだ」と話している。

テロ実行犯について

カタルーニャ警察は、スペインのアルカナルとリポルで今回の事件の容疑者と見られる2人を逮捕したことを明らかにした。容疑者はモロッコ人1人、モロッコスペイン領メリリャ出身が1人だという。また、一人が逮捕されたアルカナルでは、民家が爆破され1人が死亡する事件が発生しており、警察は今回のテロとの関係を調べている模様。

過激派組織ISISのメディア部門「アマク通信」は、今回バルセロナで発生した事件の実行犯に関して、「同組織の戦闘員」であると発表している。しかし、ISISとして犯行声明は明確に出されておらず、ISISの犯行と断定はできていない状況である。

事件発生後のバルセロナの状況

事件発生直後、バルセロナでの公共イベントがすべて中止となった。交通機関である電車の駅もすべて閉鎖され、警察は人が集まる「カタルーニャ広場」や事件発生地である「ランブラス通り」近辺の人々には、安全が確認されるまで不用意に出歩かないよう呼びかけている。

首相のラホイ氏は「我々のような自由に開かれた社会にとって、テロとの戦いは最優先事項である」と強調している。

 

FCバルセロナ所属メッシも『平和を臨む私たちは圧倒的多数である』

スペインの都市バルセロナを本拠地とする、FCバルセロナに所属するリオネル・メッシも今回の惨劇に対し、丁寧にスペイン語と英語を使い、多くの人々に向けFacebookで言葉を綴っている。

最愛のバルセロナで、恐ろしい攻撃の被害者である、家族や友人に私の哀悼と私の支持をお送りし、暴力行為を完全に拒絶したことを表明したいと思います。 尊敬と寛容が共存の基盤となる、平和で憎しみのない世界に住みたいと望んでいる私たちは、圧倒的多数です。

Quiero mandar mis condolencias y todo mi apoyo a las familias y amigos de las víctimas del terrible atentado en nuestra…

Leo Messi 发布于 2017年8月17日

バルセロナ在住日本人の声|『とても悲しく、とても悔しい』

Enrique Fernández

(バルセロナ在住|40代女性)

Q:事件発生後の現地の状況を教えてください

現地の状況ですが、もちろんですが、テロの起きた周辺の道は封鎖しています。 地下鉄も、沿線上のプラサ カタルーニャとリセウの両駅は地下鉄が止まりません。 タクシーを利用する人が増えていると思います。 今朝は、大聖堂の方へ行きましたが、街中は、やはり通常よりも人が少ない状況でした。 コミュニティー内では、お互いの無事と亡くなられた方、テロに遭遇された方へのお悔やみの言葉です。 タクシーに乗りましたが、タクシーの運転手も、怖いと言っておりました。

Q:現地では今回のテロに関して、どう報道されているのでしょうか?

3HDのカタルーニャ語のニュース番組を見ています。 タラゴナの方での爆弾テロの(犯人は射殺されました)話、犯人の捕まったリポルという町の話、 ラホイ首相のテロには屈しないという感じの話が流れています。 本日12時に黙祷があり、その様子などを伝えています。

Q:その他、今回の事件に関して率直なご感想を教えてください

次はバルセロナだと言われていて、何も起こらなかったので、安心仕切っていました。 もちろん、銃を持った警官が町中を警備しておりましたが、本当にテロが起きてしまい、ショックを受けております。 テロ現場に遭遇された方々のことを思うと、とても悲しく、そしてとても悔しい思いでいっぱいになります。 テロの問題は尽きないヨーロッパですが、それでも私たちは生活を続けていくしかないので、今日も変わらず生活をしております。 こんな悲しいことが起こっても、スリは今日もスリをします。(今日も現場に遭遇しました。) なんとも言えない気持ちです。

 

ガス缶120個使用し、大規模攻撃を企てていた可能性

バルセロナで起きた、突然のテロから数日。テロ組織は大規模なテロ行為をバルセロナで行う予定だった可能性が浮上した。スペインのバルセロナが位置するカタルーニャ自治州警察のホセプ本部長は、今回テロが起きたバルセロナから南西に200キロほど離れた地域アルカナルで16日に起きた爆発事件の跡から、ガス缶120個を発見したと説明。これらはテロ組織が半年以上前から準備していたようだ。現在4人逮捕の他、1人は逃走中と発表。

テロ容疑者、大規模テロの計画を認める(23日)

先週バルセロナで起きたテロ襲撃事件の犯行グループの一員とされる男性は、裁判所への出廷時、爆弾を使用して複数の観光地を標的にした大規模テロ攻撃を計画していたことを認めた。

 

在バルセロナ日本国大使館

大使館代表電話: +(34)  93-280-3433
住所:Avda. Diagonal, 640, 2a planta D, 08017 Barcelona
大使館hHP:http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

外務省 海外安全ホームページ

HP: http://www.anzen.mofa.go.jp/
スペイン:バルセロナでの車両突入テロ事件の発生に伴う注意喚起
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C173.html

海外緊急時情報提供サービス「たびレジ」

外務省・在外公館からの海外緊急時情報が受取れるサービスになります。海外に渡航をする際は登録しておくと便利です。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
現地在住者によるコメント

事件がある度に大使館から以下のように迅速にニュースが流れてきます。
旅行者の方々には ”たびレジ” に登録ということができるのではないでしょうか?

 

<報道関係者様>

トラベロコは世界140ヵ国、1400都市以上の現地在住日本人1万人が在籍する世界最大級の日本人ネットワークです。
今回の、現地での事件に関してが現地在住者からの緊急アンケートへの回答や取材協力なども行えます。
今後海外の現地情報などの連絡や取材依頼を希望される場合は、下記までご連絡下さい。
お問い合わせ先:press@traveloco.jp


更新日:2017/08/18
追記情報があれば、このページを更新します

トラベロコに無料登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る