» » 北カリフォルニアの山火事|現地在住者に聞く”リアルな状況”

北カリフォルニアの山火事|現地在住者に聞く”リアルな状況”

2017年10月17日 ニュースナパサンフランシスコ米国(アメリカ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラべロコは、海外在住日本人(ロコ)が旅のお手伝いをしてくれるサービスになります。

北カリフォルニアの山火事

10月8日、米西海岸カリフォルニア州北部で大規模な山火事が発生致しました。
山火事は4つの地域で同時に発生し、被害が大きい都市はソノマ、メンドシーノ、ナパ、ユバ
特にナパ群、ソノマ群には多大な爪痕を残した。

地区全体が全焼した地域もある

最も被害が大きい都市はサンタローザ市となり、1日で街が消滅するという非常に悲惨な出来事となった。人家も銀行もレストランもホテルも皆焼け、地域に多大な爪痕を残すことになった。
ナパ、ソノマは共にアメリカを代表とする古くからのカリフォルニアワインの名産地。
ワイナリーが全焼した地域もあり、ここでも多大な被害が発生している。

北カリフォルニアでは山火事は起こりやすい?

北カリフォルニアは日本とは違い乾燥しているため、火事になりやすい地域と言われている。
さらにこの時期は山側からの強風が吹くことが多いため、山火事が広がることが懸念とされている。
その強風により約100キロ離れているサンフランシスコにも煙の影響が発生している。

カリフォルニア州で過去最悪の犠牲者

今回の山火事はカリフォルニア州で過去最悪の犠牲者を出しており、
現在まで40人以上の方が亡くなり、200名以上が行方不明、10000人以上の方が避難生活を強いられている。

山火事の原因は具体的にはまだ判明してはいない。

北カルフォルニアについて

国:アメリカ合衆国
州:カリフォルニア州
人口:約1,500万人

「北カリフォルニア」とはカリフォルニア州の北側部分を呼ぶ総称。
この地方はサンフランシスコ市、サンノゼ市、オークランド市、サクラメント市など複数の市により構成されている。
近辺の観光地はヨセミテ国立公園があり、ナパ、ソノマは「カリフォルニアワイン」の生産地として有名な地域。

ヨセミテ国立公園

ヨセミテ国立公園は、カリフォルニア州シエラネバダ山脈の中央部にある。サンフランシスコからは車で約3時間半ほどで行ける自然保護を目的とした国立公園。
周囲にはアンセル・アダムス自然保護区域、フーバー自然保護区域、エミグラント自然保護区域と原生地域が広がっている。
公園の面積は3,080㎢で、年間の来場者は350万人を超える。特にヨセミテ国立公園の中でも、ヨセミテ渓谷は観光スポットとなっている。

カリフォルニアワイン

アメリカ合衆国カリフォルニア州で生産されるワインの総称。美しいブドウ畑が広がるナパ、ソノマのワイナリーは観光地にもなっている。
カリフォルニアは基本的に温暖な気候のため、ブドウが完熟することにより、糖度が高いのが味の特徴。

 

サンフランシスコ在住の日本人(ロコ)に現地の状況をお伺いしました

Q:現在の状況を教えてください

私は、親類を含め、友人、知人がワインカントリーに在住しております。現在は大変な状況のようで、全体を包括する(まとめた被害状況)正確な被害状況はどなたもつかめていない状況であると思います。

詳細の状況は下記になります。

  1. 火事はナパで発生したが多くの場所に飛び火している。各箇所で被害や風の向きが違うために状況を正確につかめない。(ナパ、ソノマ、サンタロサ、メンドシーノ、ロシアンリバー、セントラ、ルバレーなど)
  2. 多くの方が避難生活をしているので、正確な情報はおそらくつかめていない模様
  3. 私がニュースソースとして引用しているのはサンフランシスコ・クロニクル紙、ナパ・レジスター、チャンネル4、チャンネル7、などの地元メディアです。個別に友人などに連絡を取り周りの状況を聞いていますが、見て回る作業が出来ない以上、そのポイントの状況しか分からないのが正直なところです。
  4. 被害にあっているのは地元紙の言葉を引用すれば、カリフォルニア州の北部一帯、サンフランシスコから北へ車で1時間ほどのエリア(80km)一帯からさらに北部の広いエリアに火は点在してるとのことです。
  5. 現在でも鎮火したというニュースは出ていないので燃え続けている模様。

現在まで40人以上の方が亡くなり、200名以上が行方不明、10000人以上の方が避難生活を強いられてます。
延べ5000人以上の消防士が8州から駆け付け消化活動に当たっているといった状況です。

正確な状況はローカルニュースのソースを見て回り、近況をアップデートしていかない限り全体像を掴むことはとても難しい’状況です。

 

Q:サンフランシスコへの影響を教えてください

現場の南側に当たるサンフランシスコは海風のお陰で火の粉が飛んできて発火することは今のところありませんが、100%安全という事はありえないと思っております。
現に毎日、風向きによって焦げ臭い匂いや、灰が停めている車全体に降り注いでいます。

私の仕事に関しても来月、再来月と日本からのゲストを抱えておりますので、近況を逐次お知らせしているところです。
「予約したホテルと繋がらない」、「行きたかったワイナリーが無事か」など現地と確認が取れないことも多く、説明に追われている状況です。

 

Q:これから旅行を考えている旅行者にお伝えすることがあれば教えてください

私も来月と再来月に、ナパ、ソノマ、サンタロサを巡りたいという旅行者を案内する予定です。
現状ではまずホテルもワイナリーの状況も正確に掴めないので、旅行者にはワインカントリーでの宿泊はお勧めしていません。
とりあえずサンフランシスコをベースにして状況次第で日帰りのナパ、ソノマ、サンタロサのワイナリー巡りをプランする予定です。
また今後被害がまだまだ広がる状況でしたら、モントレーカウンティーのワイナリー巡りや、カリフォルニアワインの発祥地ローダイのワイナリー巡りを、他のプランに入れ検討するように旅行者にお勧めしています。
火災の状況次第ですが、火災が鎮火しても後かたずけや清掃などに多くの時間が掛かると思います。
しかし火災の現場は点在してる為、まったく被害無しの区域もあると思います。
全ては今後の状況次第ですが、今年中にワイナリー見学予定のある方は、現地ロコと良く相談をしながら計画をフレキシブルに作られることをお勧めします。

 

米国(サンフランシスコ):山火事の拡大に伴う注意喚起

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C215.htmlより

1 10月8日(現地時間),サンフランシスコ湾北部地域において発生した山火事は,強風により拡大し,ナパ郡,ソノマ郡等8つの郡で少なくとも14箇所以上の山火事が発生し,少なくとも17名の死者及び多数の負傷者が出ているほか,2万人以上が避難しています。この火災で現場周辺地域の道路閉鎖や停電など生活インフラにも多くの影響が出ています。
カリフォルニア州知事は9日,関係する郡に対して非常事態宣言を発出するとともに,ホワイトハウスに対して支援要請を出しています。

2 10日現在,未だ多くの地域で延焼中であり,現場周辺では懸命な消火活動が継続されていますが,深刻な状況が続いています。また,鎮火後も長期間の復旧作業が行われるものとみられており,渡航・滞在する場合には十分な注意が必要です。

3 つきましては,カリフォルニア州北部地域(ナパ郡,ソノマ郡,ユバ郡,メンドシノ郡,レイク郡,ハンボルト郡,ビュート郡,ネバダ郡,カラベラス郡)に滞在中の方及び渡航・滞在を予定している方は,上記状況に留意の上,関係機関や現地報道等から現地の最新情報を入手し,状況に応じて渡航計画を変更・延期することも含め,自身の安全確保に努めてください。

 

現地情報をチェックされる方へ

在サンフランシスコ日本国総領事館

代表電話: (415) 780-6000
住所:275 Battery Street, Suite 2100, San Francisco, CA 94111
Sacramento Street とBattery Street の角のビル
HP:http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

外務省 海外安全ホームページ

HP:http://www.anzen.mofa.go.jp/

海外緊急時情報提供サービス「たびレジ」

外務省・在外公館からの海外緊急時情報が受取れるサービスになります。海外に渡航をする際は登録しておくと便利です。
HP:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

<報道関係者様>

トラベロコは世界140ヵ国、1400都市以上の現地在住日本人1万人が在籍する世界最大級の日本人ネットワークです。
今回の、現地での事件に関してが現地在住者からの緊急アンケートへの回答や取材協力なども行えます。
今後海外の現地情報などの連絡や取材依頼を希望される場合は、下記までご連絡下さい。
お問い合わせ先:press@traveloco.jp

※当記事は2017年10月19日時点の情報になります。

トラベロコに無料登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る