» » 海外文化に特化した記事コンテスト、『世界ウェブ記事大賞』開催!!世界各地で体験したおもしろい話(記事)を大募集!!

海外文化に特化した記事コンテスト、『世界ウェブ記事大賞』開催!!世界各地で体験したおもしろい話(記事)を大募集!!

2019年7月4日 ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社トラベロコが運営する「海外を知って楽しむエンタメマガジン」海外ZINE。その編集長を務めるネルソン水嶋氏と、旅人求人サイト『SAGOJO』を運営する株式会社SAGOJO代表の新拓也氏を中心として、世界各地で体験したおもしろい話(記事)を募集する、海外文化に特化した記事コンテスト『世界ウェブ記事大賞』を開催いたします。

世界ウェブ記事大賞とは、世界各地で体験したおもしろい話(記事)を募集するコンテストです。作者自身のサイトで公開された「海外の文化」を題材とする記事であれば、形式は問いません。海外在住者、旅行者、問わずご応募ください。入賞者には賞金のほか、ウェブメディアや編集プロダクションからの執筆案件、また出版社からの書籍化のチャンスなど、活躍の場を用意しています。

公式ページ:https://traveloco.jp/kaigaizine/sekai-award_2019

 

開催の背景

ここ数年は、なんでも検索で調べたり、また個人の嗜好に合わせたサービスが増えたように思います。当たり前になったのか、ひと昔前までよくCMで見た「つづきはウェブで検索」も聞かなくなった気も。便利は発展の証で素晴らしいことですが、身に起こることがそれほど予想を裏切らないというのも少し退屈ではありませんか?そのためにも、このインターネットに検索できない世界の話が増えてほしい、それを書ける人が増えてほしい。書きたい人と書いてほしい人をつなぐ場がつくれたら。そんな思いから開催することになりました。

 

『世界ウェブ記事大賞』概要

●審査基準
世界やその国への興味を湧かせるもの。

●エントリー方法
本人のブログ・サイトの記事URLを応募ページのエントリーフォームより送信。

●賞金・商品
大賞5万円(1名)、優秀賞3万円(2名)。特別賞では執筆依頼、書籍化のチャンス。

●スケジュール
・応募期間:7月1日~7月31日
・審査期間:8月1日~9月16日
・結果発表:9月下旬
※変更の可能性あり

●審査員(50音順)

・河尻亨一(『銀河ライター』主宰/東北芸術工科大学客員教授)
・シモダテツヤ(『株式会社バーグハンバーグバーグ』創業者)
・林雄司(『デイリーポータルZ』編集長)
・細川生朗(『旅の指さし会話帳』発起人)
・宮島麻衣(バンコクの日本語情報誌『DACO』編集長)
・新拓也(すごい旅人求人サイト『株式会社SAGOJO』代表)
・ネルソン水嶋(海外を知って楽しむウェブマガジン『海外ZINE』編集長)

 

●協賛各社(50音順) 
・海外ZINE
・株式会社ZIP-FM
・株式会社SAGOJO
・株式会社昭文社
・株式会社ダイブ
・株式会社トラベロコ
・株式会社ライツ社
・デイリーポータルZ
・DATA & COMMUNIQUE EXPRESS CO.,LTD
・有限会社ノオト

公式ページ:https://traveloco.jp/kaigaizine/sekai-award_2019

 

 

『世界ウェブ記事大賞』主催者

世界ウェブ記事大賞実行委員会(『海外ZINE』編集長・ネルソン水嶋/『株式会社SAGOJO』代表・新拓也)

 

■海外ZINE概要
海外を知って楽しむエンタメマガジン『海外ZINE』。世界各地に住むライターが朝食・動物・働き方などの幅広いテーマで文化を解説。これまでに30カ国を34人のライターが執筆、150カ国以上の国・地域から読まれています。韓国は雨の日にチヂミを食べる?パラオでは暇なときに花札で遊ぶ?ミャンマーで人気の結婚式場は老人ホーム?そんな怒涛のカルチャーショックと背景を通じて、世界は広くておもしろいとしきりに発信中。

■株式会社SAGOJO概要
旅人の力で企業や地域の課題を解決する、すごい旅人求人サイト『SAGOJO』を運営。スキルや個性を活かしながら、「旅×シゴト」という新しいライフスタイル・働き方を提案しています。2019年6月現在、約15,000名の旅人が登録、企業や地域のクライアントは200以上。「現地の人との交流を通じ、生きた情報を集められる」「ソトモノ目線で地域の魅力を発掘できる」など、旅人の強みや特徴を活かしたシゴトをつくっています。

 


トラベロコに無料登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る