» » 【私のオトナ留学】ブエノス・アイレスのミロンガについて

【私のオトナ留学】ブエノス・アイレスのミロンガについて

2018年8月30日 タンゴ留学アルゼンチン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
南米、アルゼンチン共和国の首都ブエノス・アイレスでタンゴを勉強しながら
タンゴダンサーとして活動しているあかねです。

「私のオトナ留学」今回は、世界中からタンゴ愛好家が集まるタンゴ発祥の地と言われる
ブエノス・アイレスのタンゴダンスパーティー「ミロンガ」についてご紹介します。

 

「ミロンガ」って何?

タンゴ愛好家の中で、「ミロンガ」というと二つの意味があります。
一つは、タンゴ愛好家が集まる社交場、ダンスパーティーの意味。

もう一つは、タンゴの曲3種類の「タンゴ」「ワルツ」「ミロンガ」の1つの踊り(曲調)。

 

ミロンガの概要

「ミロンガ」は何をする所?

タンゴ愛好家が集まる社交場、ダンスパーティーのミロンガは、

タンゴ好きの人が集まって、音楽を聞きながら知人、友人、もしくは初めて会った人と

一緒にタンゴを踊る場所です。

 

どんな場所で行われるか

ブエノスのミロンガ会場は、300人ほどの人を収容できる大型の会場や

体育館のような場所、なかには個人の家を解放したようなミロンガ会場も。

多くは、メサと呼ばれるテーブルが周りに配置され、中央にタンゴを踊るスペースを設けています。

 

開催される時間帯

開催される時間帯は、ミロンガによって様々。

平日の昼間に開催しているものから、夜11時から朝方まで行っている所もあります。

時間帯や場所によって集まる人の層が違ってくるので、ミロンガ選びは

「その日どんな人と踊りたいか?」タンゴ愛好家にとっては楽しみの一つです。

 

参加する人々

アルゼンチン人の中でも毎晩ミロンガに出掛けるようなタンゴ好きの

「ミロンゲーロ(男性)」「ミロンゲーラ(女性)」はもちろん、タンゴを目的に

観光で訪れている外国人や、タンゴハウスなどでショータンゴを踊るタンゴダンサーも

ミロンガを楽しみにやってきます。

 

ドレスコード

開催するオーガナイザーのミロンガへのコンセプトにより、カジュアルなミロンガから

フォーマルなドレスコードの場所まで。

初めての場合、女性はお出かけ用のワンピース、男性は襟付きのシャツに

ジーパン以外のパンツで行くと良いでしょう。

会場では、タンゴ用のドレスを販売している場合もあります。

ミロンガの楽しみ方

ミロンガの楽しみ

タンゴ愛好家が集まり、それぞれ音楽を聞きながら踊ることを楽しむミロンガですが、

オーガナイザーがそれぞれのミロンガでより楽しめるように趣向を凝らしています。

ミロンガが始まる前にタンゴのクラスを開催していたり、開催時間内にはエキシビジョンと

呼ばれる有名ダンサーのデモンストレーションやオルケスタによる生演奏を途中に挟む場合もあります。

ミロンガでの過ごし方

タンゴを踊ってミロンガを楽しむこともできますが、メサと呼ばれるテーブル席では、

飲食も可能な場合があるので、お食事や飲み物を楽しみながらタンゴを踊る人を眺めたり、

会場に流れるタンゴに聴き入ってみたり、久しぶりに集まった友人と会話を楽しんだり、

タンゴを味わう過ごし方は人それぞれです。

 

いかがでしたか?

毎年、世界中からアルゼンチンタンゴの聖地であるブエノス・アイレスにはたくさんのタンゴ愛好家が訪れます。

観光でブエノスを訪れた際には、ぜひミロンガを体験してみてくださいね。

 

トラベロコに無料登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る