» » イギリス入国・出国手続き〜出入国カード

イギリス入国・出国手続き〜出入国カード

2016年8月19日 イギリスロンドン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

001

イギリスの入国審査は世界一厳しいといったような噂を耳にしたことがある方も多いでしょう。しかし基本事項を押さえておけばそんなに大変なことではありません。今回はイギリスの入国カードの書き方をはじめ、入国・出国の手続きのやり方、免税の受け方まで詳しく説明していきます。

入国の流れと手続き

イギリスは6か月以内の滞在の場合は日本人はビザが必要ありません。6か月以上の滞在を計画されている方は英国ビザ申請センター(http://www.vfsglobal.co.uk/japan/japanese/ )
でビザについて調べてみてください。

入国審査に必要なもの

・パスポート
・入国カード/LANDING CARD
・帰りの飛行機のチケット
・ビザがある場合はビザ

ヒースロー空港をはじめ、イギリス国内の空港に海外から到着した場合にはこれらを入国審査カウンターで提出する必要があります。必要なものの中にある「入国カード」は飛行機内で配られることもあれば、入国審査カウンター付近で手に入れることができます。ここで入国カードの書き方をご紹介しましょう。

入国カード/LANDING CARDの記入例

※記入はすべて英語、大文字です
002

入国審査カウンターでのやり取り

カップル、家族でイギリスに入国する場合はまとめて入国審査を受けるようにしてください。基本的に入国審査カウンターでは「イギリスに何をしに来たのか?」「何日間滞在するのか?」といったことを聞かれます。1週間以内の滞在の場合、多くのことを聞かれることはありません。

無事に入国審査に通過したら、手荷物受取所につながっているので荷物をピックアップして滞在先へ移動しましょう。ちなみに入国審査を通過したところにお金の換金所もあります。

出国の流れと手続き

イギリスには出国審査がありません。パスポートに出国のスタンプを押される国も多いですがイギリスではその手続きはがないことを覚えておいてください。
イギリスの出国の手順は1)チェックイン&荷物のあ付け入れ 2)荷物検査所を通過 以上で終わりになります。ただし、免税手続きを行いたい人はここで一つ工程が増えることになります。

免税手続きの受け方

003

イギリス国内の免税対象店でお買い物をした際には空港で手続きが可能です。ただし、商品にかかっている税金すべてが還付されるわけではないため、高額の買い物ではない場合申請してもほとんどお金は返ってこないということも多いです。
イギリス「TAX FREE」というサインがあるお店で買い物をした際はお会計の時に免税書類を発行してもらうようにします。ちなみに「TAX FREE」と掲げられていても規定額以上の買い物をしないと免税を受けることができないという規定が各店舗あります。

空港のVAT REFUNDカウンター(免税申請カウンター)で申請する

空港の各ターミナルの検査所に入る前、検査所を通過した後の2か所に免税申請カウンターはあります。時間帯によってはかなり混んでいることもあり30分は並ぶことを想定しておいたほうが良いでしょう。

免税申請カウンターで必要なもの

・レシート
・お店からの免税書類
・搭乗券
・パスポート
・買った商品(未開封であること)

カウンターで書類に承認スタンプを押してもらい、そこで現金でその場で還付を受けるかクレジットカードへの還付を選びます。現金での還付の場合、手数料を取られるためクレジットカードへの還付がお得です。
カウンターでごくまれに買った商品を見せなければならないことがありますので、申請しなければならないものが預け入れを予定している荷物の中にある場合は検査所に入る前に申請を行うようにしましょう。
カウンターでスタンプをもらってすべての手続きを終えたらその免税申請カウンター付近にある専用ポストに入れて完了です。約1週間から2週間ほどであなたのクレジットカードへ還付が行われます。

ヒースロー空港内の免税申請カウンターの場所について
http://www.globalblue.com/customer-services/tax-free-shopping/refund-points/uk/london-heathrow-terminal-21/

免税手続きが必要ない空港内の免税店でのお買い物もお勧め

004

ヒースロー空港など大型の国際空港になると主要なブランドのショップが空港内に入っており、すでに免税価格になっていることも多いです。商品数は路面店に比べ少ないですが、免税手続きをする必要がないため気楽にお買いものできるというメリットもあります。

イギリスへの持ち込み/持ち出し禁止物

ナイフなどの武器類/スタンガン/わいせつ文書や画像/偽造品などの特許権を侵害する品物/護身用スプレー/不正薬物

イギリスの空港にはたくさんの国の人たちがやってくるので入国審査側もピリピリしていることもありますが、入国カードをしっかりと記入しイギリスから出国することが分かる飛行機のチケットを持っていればスムースに入国できますのでご心配なく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る