» » ソウルの地下鉄乗り方ガイド(路線図、料金、切符の買い方)

ソウルの地下鉄乗り方ガイド(路線図、料金、切符の買い方)

2017年10月13日 ソウル韓国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソウル市民と旅行者の便利な足となっている、ソウルの地下鉄。
今日は、ソウルの地下鉄の乗り方についてお話ししていきたいと思います。

ソウルの地下鉄の基本情報

ソウルには、1~9号線、仁川1,2号線、京義・中央線(キョンウィ チュンアンソン)や牛耳新設線(ウイシンソルソン)などの電鉄、京春線(キョンチュンソン)、盆唐(ブンダン)線・新盆唐線など、ソウルと近郊都市をつなぐ広域鉄道網が敷かれています。

仁川(インチョン)国際空港・金浦(キンポ)国際空港とソウル中心部をつなぐ鉄道、空港鉄道A’REXもあります。
最近は、ソウル地下鉄アプリなどがあります。
出発地と目的地を入力すると、所要時間や料金などが簡単に調べることができます。

ソウル地下鉄アプリ

コネスト韓国地下鉄路線図・乗換検索

地下鉄の料金

<地下鉄の基本料金>

通常料金 T-Moneyカード
満19歳以上 1,350ウォン(約135円) 1,250ウォン(約125円)
満13~18歳 1,350ウォン(約135円) 720ウォン(約72円)
満6~12歳 450ウォン(約45円) 450ウォン(約45円)

※2017年10月の相場です
※満6歳未満の乳幼児は大人1人同伴時、3人まで無料乗車可
※外国人旅行者の青少年の交通カードの使用は不可。

10キロまでは基本料金で、10キロから5キロにつき100ウォン、50キロ以上の場合は800ウォンずつ料金が上がっていきます。
T-moneyと呼ばれる交通カードを利用するとお得になります。

T-Moneyカード

T-Moneyカード

T-Moneyカードは、日本でいうsuicaやPASMOのような交通カードで、地下鉄の自販機やコンビニなどで購入が可能です。
価格は、3,000ウォン~ 免税店などで無料でもらえることもあります。
かわいいキャラクターやアイドルコラボT-Moneyカードなどもあります。

ちなみに、バスやタクシーの支払いに使えるのはもちろん、コンビニでの少額決済などにも使えて非常に便利です。

T-Moneyカードのチャージ方法

 

<地下鉄の乗り方<切符購入~保証金払い戻しまで>

それでは、基本的な地下鉄の乗り方をお伝えしていきます。
今回は、1回用交通カードを購入していきたいと思います。

<1回用交通カードの購入>

1回用交通カードの購入

 

この無人券売機は、T-Moneyカードのチャージも出来ます。
ソウルの無人券売機は日本語に対応しています。日本語に変更しましょう。

T-Moneyカードのチャージ

 

 

1回用交通カードを選択します。

1回用交通カード

 

まずは、号線を選択しましょう。

号線を選択

 

カタカナが表示されますので、目的地を探します。
(無人機によっては、アルファベット表記になります)

目的地

 

一般用(大人)もしくは子供用を選択します。

一般用(大人)もしくは子供用を選択

運賃は保証金500ウォン込みで支払いをします。
(この保証金は、降車後戻ってきます)

カードが出てきます。

カードが出てきます

 

<改札の通り方>

カードは、1秒以上タッチしてください。

1秒以上タッチ

 

<保証金500ウォンの払い戻し方法>

券売機の近くに払い戻し機があります。

払い戻し機

 

500ウォンを受け取り忘れずにしてください。

500ウォンを受け取り

以上が、地下鉄の乗り方になります。
T-Moneyカードを利用すると、お得でラクチンです。

一連の流れを動画でも公開しております。

ソウル市内の地下鉄は、4か国語表示です。
アルファベットや、漢字、駅毎に振ってある番号を目印に乗ってくださいね。

地下鉄アプリや、T-Moneyカード等の交通カードを利用して、お得に快適に地下鉄に乗ってみてください。

関連エリアページ

ソウル旅をもっと楽しむためには、ソウル在住日本人(ロコ)に旅の相談をしたり、実際に現地を案内してもらってみましょう!

ソウル在住日本人(ロコ)一覧ページ
ソウルのQ&A(現地在住者に質問してみよう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る