» » 利用回数4回!?ヘビーユーザーによるトラベロコのビジネス活用法とは?

利用回数4回!?ヘビーユーザーによるトラベロコのビジネス活用法とは?

2017年7月10日 ビジネス利用ユーザーインタビューソウル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコは海外在住日本人が活躍する場所を提供する、日本人のための海外プラットフォームになります。

なんと今回でトラベロコ利用4回目のTOMさん。3年前のパリから始まり、ベネチア、セブ島に行かれ、今回ビジネスでソウルに行かれました。商談の通訳をお願いしたく、スキルの高いロコさんにお願いされましたが、通訳は語学力ではないというTOMさん。トラベロコベテランユーザーということもあり、「トラベロコの活用のコツ」も伺いました。
※ロコ=トラベロコに登録している、現地在住の日本人

 

トラベロコをご利用された理由を教えてください

|今回が4回目のご利用となるようですが、今まではどちらに行かれましたか?

3年目のパリ(マキさん)が最初で、ベネチア(Serenissimaさん)、セブ島(マアヨさん)に行きました。全てプライベートな旅行で、4回目の今回のソウルで初めてビジネス利用をしました。

|どうしてトラベロコを利用しようと思いましたか?

英語が使えるので話す分にはあまり困らないのですが、現地の言葉が分かるわけではないので、利用させてもらっていました。

例えば、どこのお店は美味しいとか、予約を取らないと入れないとか、観光に行くならこういうプランが良いよ、ということを教えてもらいたくて、使っていました。

韓国には二十歳の頃から、もう30数年ほど通っていて、現地に知り合いもいますし、通訳してくれる方もいます。しかし今回は、立ち上げた現地法人で仕事の話を通訳してくれる方をお願いしたかったのです。生憎今の法人には英語が堪能な方があまりいなくて…今までは仕事関係だとヨーロッパやアメリカに行っていたので英語が通じたのですが、韓国の方はどうも英語が苦手みたいで…。

通訳をお願いする時、日本人の方で、私の考えを日本語で理解してくれて、現地の言葉に翻訳してくれる方がベストです。英語なら自分の考えを自分で伝えれば良いので簡単なのですが、それ以外の言語で通訳の方を介してというのは、今まであまりしてこなかったのです。というのも、通訳の方に私の考えを説明することに時間がかかったからです。でも日本人なら日本語で伝えられるので、その辺りの理解が早いかなと思って利用しました。

ロコさん、依頼内容について教えてください

|ソウルには多くのロコさんがいらっしゃいますが、今回依頼されたロコさんにされた決め手はありますか?

語学力のスキルでお願いしました。観光ではなく、目的がこれと決まっている場合は、そのスキルが高い方を選ぶことが適切ですよね。


risanikaさん簡単プロフィール>▶︎https://traveloco.jp/loco/ghsekslrrk
居住地:韓国
現地在住歴:2007
使える言語:日本語 韓国語
職業・所属:大興精密 海外営業部
得意分野:通翻訳


今回は、女性の方にお願いしました。今まで、あんまり女性の方はお願いしないようにしています。家族で旅行に行く時はうちの奥さんとかがいるので女性にお願いすることもありましたが、仕事で男連中ばかりで行く時は、女性のロコさんにも気を遣わせてしまうかなと思って、女性にお願いすることはありませんでした。しかし今回はあくまで仕事だったので、ロコさんのスキルを見てお願いしました。

|具体的なご依頼内容を教えてください

商談の通訳をお願いしました。通訳で話す相手は、現地法人の従業員でした。

|外部の方との交渉ではなく、内部の方が相手だったのですね

そうなのです、東京の本社から業務内容の伝達をするという作業でした。現地に、日本語が話せるスタッフが何名かいるわけですが、そういうスタッフに、私の言った日本語がはっきり届いているという確信が持てなくて…どうしても自分の言いたいことをはっきり伝えたいという気持ちがあったので、通訳のスキルのある方にお願いしたかったのです。

その他、社内の方との商談が朝晩にありました。

|今回の日程を教えてください

2017年6月17日に行って、18日に一日、朝10時から夕方16時17時頃までアテンドして頂きました。

|仕事のスケジュールは事前に伝えられていましたか?

事前にスケジュールと仕事内容、場所、伝えたい内容を伝えておきました。

|場所を移動されたのですね?

午前中の打ち合わせはホテルのラウンジでして、午後からは現地で立ち上げた会社の事務所に移動して仕事をしました。

 

|ロコさんの通訳はいかがでしたか?

語学力のスキルが非常に高く、仕事の話でも充分な能力を持ち、韓国語の発音はネイティブで、商談先の皆さんも日本人とは思えないと言っていました。「あなたは韓国人ではないのですか?」と聞かれるほどネイティブに話されていました。

私にとって重要な点は、日本人なので、私の希望を充分に理解出来要点を的確に伝えてくれました。ビジネスの通訳に必要なのは、単純にこれを訳してくれという機械で代用できるような語学力よりも、私が伝えたい事を的確に理解して、私に成り代わり相手と交渉する事です。

例えば、「もっと良いものが欲しい」という単純に言う通訳ではなくて、「こういう形のものが欲しい」「こういうことが目的なんだ」「こういうやり方で、結果的にこういうところを目指しているんだ」というニュアンスというのを伝えられました。英語で話していてもニュアンスという部分はなかなか伝えにくいのですが、上手に汲み取ってくださいました。

日本人と外国人の感覚の差というものが、もともとありますよね。例えば日本人だったら、傷がなくて当たり前で、傷があったら売れない、という感覚ですよね。外国人だと、機能さえあれば傷があってもなくてもあまり重要ではない、という感覚ですよね。そのように育った環境で養われた生活習慣というものが同じ日本人の方が案内してくださる、という点がとても有益でした。

日本人だったら、人に出す前に皿を拭くでしょう。お箸は直には置かないでしょう。こういうところを、英語で伝えようとすると、なかなか難しいですよね。
日本人であれば、「こういう出し方はないよね、ここを注意してくれ」と言えば、「ああ、なるほどね」とわかってくれるわけです。日本人であればそういう感覚を共有できるので、スムーズでした。

日本人のロコさんは、私の希望を理解する事に非常に熱心で、単に通訳と言うだけで無く、商談の主役でした。とても感謝しています。

 

|ロコさんご本人はいかがでしたか?

明るくて、とても良い方でした。人柄は、事前にいくらメールでやりとりしても、わからないですよね。会って、見て、ダメなら、事前にお金払っているので、もういいです、とお断りすることもできますよね。海外に行っていろんな方に会っていますが、そんな変な方はいなかったです。海外に行ってみると、自分と感覚の合わない人というのはそんなに多くはないのです。現地の方にお願いするほうが、よほど大変です。

特に英語だと私も分かるので、通訳の方が何を言っているかある程度分かります。しかし、韓国語や中国語のように、自分が堪能でない言語だと、通訳の方が何を言っているか分からないじゃないですか。それがとても不安なのです。なので、普段は商談の際は相手側に英語の話せる通訳を入れてくれとお願いしています。英語で確認しないと、どんな話になっているか分からないじゃないですか。私が「良い」と言っているのに、通訳の方が「悪い」と言っているかもしれません。

そういう意味では、日本人の方だったら、信頼度が高いですし、安心感がありますよね。

今後について教えてください

|またトラベロコをご利用されますか?

8月に家族で台湾に行こうと思っていて、3人のロコさんとお話ししている最中です。

|そうなのですね!

実は糖尿病で、糖質制限食なのです。お米やパンのような炭水化物が食べられないのです。そういう細かい食事のケアを現地の方にお願いするというのは、なかなか大変じゃないですか。特に中華料理は、やれチャーハンや麺だとか、というものが多いですよね。

それを日本人の方に、こういう食事しか食べられないのですが、どこか美味しいところはありますか、と1、2ヶ月ほど前からコンタクトを取っています。

腎不全で人工透析をしていました。今年腎臓を移植して、免疫抑制剤を服用しています。去年フィリピンのロコさんにお願いした時も、現地で糖質制限の食事を用意してくださって…とても助かりました。

こういう話はお願いしても希望を叶えてくださる方はなかなかお見えにならないのですが、今お話ししている台湾の方も、こういうお願いができるということがとても助かっています。

私は人工透析をしていた人が身体的なハンディキャップを抱えているとは思いませんが、ハンディキャップのある方にとっては、こういう現地の方にお願いするのはとても助かることですよね。

|過去インタビューさせて頂いたユーザーさまの中にもいらっしゃいました

ヨーロッパだとスリが多いじゃないですか。そういう時に、現地の方にここは危ないですよ、ここは注意してくださいね、と言ってもらえたら、一般の方はとても助かると思います。

 

|トラベロコのおすすめポイントを教えてください

現地日本人と知り合う機会はなかなかありません。現地の日本人で、案内をしてあげたいと思っていて、ちょっと時間のある主婦の方や、リタイアして海外に行っている方が日本から来る観光客の相手をして、日本から行った方は現地での生活を聞けたりしてと、お互いメリットのある場合が多いですよね。

単純にお金だけというのではなく、旅の思い出にもなるし、とても良いシステムだと思います。

|トラベロコの活用のコツを教えてください

利用目的を事前にはっきりさせて、現地の方に伝えてから行くのが良いと思います。

私も海外からのお客様の対応をすることがあるのですが、何しに来るんだという方より、これをしに来たんだ、という人の方が案内がしやすいといいますか、
何がしたいか分からないけれども、現地の観光案内をお願いします、と言われると案内する側が色々考えなくてはいけませんよね。

人数構成やこれだけは外したくない、ここだけは行ってみたい、これだけはしてみたい、それ以外は現地でおまかせですと言われるならまだ良いですが、何も分からないで、とにかくこの日時間があるから案内してくださいというのは、なかなか大変ですよね。

旅行する側が、どういう年齢の人が何人で行って、どういう目的で、何をしたいかということを伝えた方が、良い旅になることが多いと思いますね。

ソウル在住ロコ一覧
https://traveloco.jp/seoul

ソウル在住ロコのサービス一覧
https://traveloco.jp/seoul/services

ユーザーのインタビュー一覧
https://blog.traveloco.jp/u-interviews

気になる都市を見てみる
https://traveloco.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る