» » 【ユーザーインタビュー】海外初山登りに挑戦。山を熟知したロコさんに出会えたからこそ可能に!

【ユーザーインタビュー】海外初山登りに挑戦。山を熟知したロコさんに出会えたからこそ可能に!

2019年3月15日 トラベロコ利用体験ユーザーインタビューカナダバンクーバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

トラべロコは、海外在住日本人(ロコ)が旅のお手伝いをしてくれるサービスになります。 観光案内や、ビジネス通訳、食事のアテンド、現地でのサポートなど、自分のしたいことを自由にロコにお願いできる場所です。

※ロコ=トラベロコに登録している現地在住日本人

バンクーバーへ一人旅をされた際にトラベロコを利用されたひろえさん(30代女性)。2018年夏から山登りを始めたばかりで、バンクーバーで一番したいことは山登りだったそうです。初心者ですが、ロコさんのサポートで海外初山登りに成功。今回はトラベロコを利用した山登り体験についてお話を伺いました。

利用都市:バンクーバー

利用目的:山登り案内、空港送迎、ウィスラー1日観光

課題:山登りをしたい。出来れば、ツアー参加ではなく個人で。

依頼概要:バンクーバー近郊で初心者でも登れる山への案内。

今回のご旅行について教えてください。

今回の旅行のきっかけは友人の結婚式出席のためにシアトルへ行くことでした。日程的に少し余裕があったので、折角だからバスで3時間半のバンクーバーにも足を延ばしてみようと思い、バンクーバーで4日間過ごすことに決めました。自然が好きなのでバンクーバーでは市内観光やショッピングよりも自然を楽しむことに重点を置きました。

|トラベロコを利用した経緯を教えてください。

山登りを始めてまだ半年でしたが、バンクーバーの美しい山にどうしても登ってみたくて、日本語、英語問わずツアーを探しました。でも、オフシーズンで山登りツアーは少ないうえに日程的に難しい。それに、参加出来るツアーがあったとしても初心者の私が足手まといになるのではと不安もあったんです。結局は個人で行くほうが良いと思い、探し続けてトラベロコにたどり着きました。

山登り案内をしてくれるロコさんを見つけるのは大変だったのではありませんか?

それが、今回のロコさん、なないもさんを見つけたのは偶然だったんです。
トラベロコのバンクーバー検索画面で、壮大な山が背景のプロフィール写真が目に飛び込んできて、しかも山好きが伝わってくるプロフィール、この人ならと思いすぐにコンタクトを取りました。実は、この時点ですでに出発1週間前だったので、山に登ることはあきらめかけていたんです。でも、すぐに返事があり、バンクーバーの山の状態や候補地を提案してくれました。山登り案内についてはすんなりOKしていただきましたね。


 


具体的にはどのような依頼をされたんですか?

バンクーバー滞在4泊のうち、初日のバンクーバー空港からホテルまでの送迎、2日目の山登り、3日目のウィスラー1日観光を依頼しました。山登りについては、「初心者でも登れる山、スノーシューが出来る場所」とリクエストしました。3日目のウィスラーについてはPeak to Peakに乗りたいと伝えておきました。

※スノーシュー=雪の上を歩くかんじきのような道具。

依頼を受けた、なないもさんからの提案は?

山登りは「初心者向けで、天候次第でスノーシュー可能、バンクーバー市内から近い」との理由からセント・マークス・サミットを提案してくれました。旅行した12月は雪がまだ少なくてスノーシューのシーズンではないから、出来ないかもしれませんよと事前に説明もしてくれました。それでも、前日には雪の予報が出ていたので、スノーシューが可能な場合はスノーシューレンタルする予定でいました。

 ご旅行までに、なないもさんとは何回くらいやり取りされたんですか?

最初にコンタクトをしてから、待ち合わせ場所や行きたい場所等について、20回以上細かくやり取りしましたね。また、私が山登り初心者で初めての雪山だったので、靴や用意する物についても色々と相談にのってもらいました。「今日の天気はXXだったので、○○を用意したほうが良いですよ。」のようなメッセージをもらう度に真面目な人柄に山に詳しいことが分かり、この人ならお任せ出来ると確信しましたね。 

海外初山登りは想像以上に大変。でも、やっぱり登って良かった!

目的に合ったロコさんが見つかって良かったですね。山登り当日について教えてください。

当日は朝、ホテルになないもさんがピックアップに来てくれました。到着したばかりで土地勘がなかったのでとても助かりましたね。セント・マークス・サミットまでは約1時間のドライブで、車の中では現地の見どころやバンクーバー情報をいろいろと教えてくれました。
雪が少なかったのでスノーシューは出来ませんでしたが、気温が低かったためスキーウェアに着替えてから登り始めました。

2人で登っているとトレイルが途中で閉鎖されている所もあって迂回することがありました。そんな時でも、なないもさんはなんなく迂回路を見つけていました。「私1人だったら無理だ~」と思いましたね。それに途中のトレイルは所々凍ってツルツルで、スノーシューに対応している靴を履いていたものの、滑りまくって半泣き状態でした。

※トレイル=登山道

|えっ、ツルツルですか?!それは確かに怖いですね。大丈夫だったんですか?

歩いている時はとにかく必死でした!こんなに滑る道を登った経験がなかったので「本当に初心者向け?」と何度も心が折れそうになりました。そんな私を見て、なないもさんがご自分のステッキを借してくれたので、なんとか凍った道も乗り切りました。おかげで、ケガもせずに無事に登りきれました。

|山の景色はいかがでしたか?

頂上からはバンクーバー周辺の山が一望できて、それはそれは素晴しかったです。当日はとても良いお天気だったんです。登っている途中でも日本では見ない鳥や木々、青空の下に広がる美しい山を眺めることが出来ました。日本とは違う規模で感動しましたね。

|途中の道のりは大変だったようですが、登り終わってどんなお気持ちですか?

登って良かったです!今、こうして思い出しても楽しかったと。歩いている時は辛くても終わってみると楽しかったと思うのが山登りだと思います。今回はトレイルのコンディションが悪くていつも以上に苦戦しましたが、バンクーバーの山にまた登りたいですね。個人的には夏山にいつも惹かれるんです。なないもさんにも「今度は夏においでよ~」と言われたし、次は夏に挑戦するぞと決心しています。

トラベロコ体験についてお聞かせください。

 

|3日間一緒だった、なないもさんはどんな方でしたか?

お話していて、カナダと山が大好きっていうのが強く伝わってきましたね。山の知識と経験がとてもあると思います。お会いするまでは、3日間一緒で気が合わなかったらどうしよう〜話が合わないと車中気づまりだな~と心配だったんですが、車中も楽しくお話出来ました。私がまだ経験したことのない泊まりがけの山登りやなないもさんのカナダでの生活を聞くことが出来てとても楽しかったです。

実際にトラベロコを利用してみて、いかがでしたか?

私が一番したかった山登りが実現したのは、間違いなくトラベロコでなないもさんに出会えたからです。
英語ツアーへの参加も考えたんですが、山登り中に英語で自分の気持ちを表現するのは大変だと思ったんです。初心者でただでさえ不安なのに、山登りは一歩間違えれば危険です。自分のコンディションについて、どんな時でも日本語でコミュニケーション出来るんだと思うと安心して山登りに臨めました。

それに1日目はホテルまでの移動のはずがご厚意でキャピラノつり橋まで連れて行ってくれて。夜に一人で行こうと思っていたのでとても助かりました。イルミネーションは自然の中に浮かぶような美しい光でとても幻想的でした。
3日目のウィスラーもツアーは融通が利かなくて、時間の無駄になりそうでしたが、なないもさんは私の希望を聞いて予定を組んでくれたので効率的に廻れました。Peak to Peakに乗ることも出来たし、山登りとはまた違う風景が楽しめて良かったです。

どの場所も一人よりも二人で見たほうが楽しかったし、写真も沢山撮っていただきました。なないもさんのおかげで貴重な体験が出来ただけでなく、本当に楽しい旅行になりましたね。

最後にトラベロコの利用を検討している方へ一言お願いします。

ツアー会社では出来ない、自分好みの旅が実現出来ます。そして地元の人から情報を得られるので短期間の旅行では非常に有効なサービスだと実感しました。時間がなくて効率的に回りたい方にはとてもおすすめです。市内のお店、レストラン情報等、地元のことは地元の人に聞くのが一番ですね。
とは言っても「会ったことのない人にお任せして大丈夫なのだろうか」と不安になるのもよくわかります。行く前に何度が連絡をとり、自分と話が合いそうな人なのか、信頼出来そうな人なのか見極めることが大切かと思います

素敵なお話どうもありがとうございました。

バンクーバー在住ロコ一覧▶https://traveloco.jp/vancouver

バンクーバー在住ロコサービス一覧▶https://traveloco.jp/vancouver/services

ユーザーのインタービュー一覧▶https://blog.traveloco.jp/u-interviews/

気になる都市を見てみる▶https://traveloco.jp/

 

トラベロコに無料登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る