» » 【ユーザーインタビュー】出発2日前のオーダーに神対応。ロコさん夫婦の案内で実現した南仏ワイナリー巡り

【ユーザーインタビュー】出発2日前のオーダーに神対応。ロコさん夫婦の案内で実現した南仏ワイナリー巡り

2019年9月29日 現地案内・送迎・相談などユーザーインタビューフランス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコは、海外在住日本人(ロコ)が旅のお手伝いをしてくれるサービスです。観光案内やビジネス通訳、食事のアテンド、現地でのサポートなど、自分のしたいことを自由にロコにお願いできる場所です。

今回は、出張の合間のオフの1日に同僚とのワイナリー巡りで、トラベロコをご利用された、東京在住のTさんに話を伺いました。

利用都市:コート・デュ・ローヌ地方(フランス)
利用目的:ワイナリー巡り
課題:直前の依頼だったので、対応いただけるか心配だった
依頼概要:ワイナリー3軒と昼食を含む終日観光のアテンド
職業:情報系の研究職


「クープ・ド・ループ」のワイン貯蔵庫

依頼は出発の2日前!

|今回の観光旅行を企画されたきっかけを教えていただけますか。

仕事で国際会議に出席するため、リヨンに1週間出張することに。すると出発2日前になって、調整すれば1日だけオフが取れそうなことが判明。貴重なリヨンの滞在、同行する他のメンバーも皆ワイン好きだったので、せっかくならフランスを代表するワインの生産地である「コート・デュ・ローヌ」のワイナリーを1軒でも訪れたいという話になりました。

実は会議の主催側も幾つかオプショナルツアーの紹介をしていたのですが、調べてみると既に申し込みを締め切ったものばかり。それで一旦は諦めかけたのですが……。

|そこでトラベロコを見つけられたわけですね。

はい。メンバーにそのことを伝えたら、一人がネットで検索して偶然、トラベロコのエンビさんのことを発見。ワインに詳しく、通訳や車の運転もしていただけるとのことだったので、ワイナリーの案内役をぜひ!と思い、駄目もとで私が問い合わせを差し上げました。

出張の出発が8月下旬。一方、コンタクトをとったのが出発2日前の仕事の合間の昼休みという、まさにギリギリのタイミング。フランスは夜だし、レスポンスがあっても半日後、と覚悟していたところ、すぐに返事をくださったので驚きました。トラベロコさんにお願いしようと決めたのも、そのスピード感が大きかったですね。



1日でワイナリー3軒を巡る、欲張りプラン

|それから実際に依頼されるまでは、どのようなやりとりをされたのですか。

エンビさんから「日にちも迫っているし週末で予約が取りづらいので、コート・デュ・ローヌのワイナリーを具体的に絞ったほうがいいかも」とのアドバイスを頂きました。

そこで「コンドリューの白ワインが大好きなのでコンドリューと隣接するコート・ロティには行きたいです」という話をすると、すぐにプランを作成。挙げていただいた、ワイナリー3軒とランチ候補の2軒のレストランを確認してランチ場所を決定。速攻で予約をしていただきました。

|結果的にはどのようなプランになったのでしょうか。

朝8時にリヨンのホテルを出発して、徐々に南下して3軒のワイナリーを巡るものです。最初はコート・ロティとコンドリューから「クープ・ド・ループ」「イヴ・キュイロン」の2つのワイナリーを見学し、その後、地元食材を使ったビストロ『ル・モンジュヴァン』で昼食。午後はもう少し南のエルミタージュで有名なワイナリー「シャプティエ」を訪れて戻りました。


「シャプティエ」のぶどう畑

旦那様とのパーフェクト・コンビネーション

|観光の当日、初めて会われたエンビさんの印象はいかがでしたか。

出発前の短い間でしたが、かなり密にトラベロコ上でコミュニケーションをとっていたので、初めて会った気がしませんでした。実際、年齢も私と近く、とても明るく気さくな方なので、すぐに打ち解けました。

同行いただいた旦那様も出身はリヨン周辺なのですが、日本に留学経験があり、日本語がかなり達者。ご夫婦とも東京にいらしていたので、共通の話題も多く、話が盛り上がりました。

|実際の道中は順調でしたか。

当日早朝に急遽、日本とのネット会議が入ってしまい、30分遅れで出発。多少慌ただしかったものの、そのほかは概ね順調でした。

3軒のワイナリーでは、赤も白も幅広くしっかりテイスティングを楽しめました。基本的には全て私たちのグループ専任で相手をしていただいたので、詳しく説明が聞けて、質問もできました。しかも、中には個室を用意してくださったところまで。またチーズやソシソンなど地元産のつまみ付きだったり、樽から直接試飲したり、ヴィンテージ別に比較したり、樽の洗浄まで見せてくれたりと、ワイナリーごとで見せ方はそれぞれ。おかげで飽きることなく、コート・デュ・ローヌのワイン造りを存分に堪能することができました。

そして何よりエンビさんが説明を通訳してくださるので、初めて知ることも多く、とても興味深く知識を増やせたと思います。以前、カリフォルニアのワイナリーを主人と2人で巡ったことがありますが、その時に比べて格段に情報量が違いましたね。

それにエンビさんにご紹介いただいたランチの『ル モンジュヴァン』は、「シャプティエ」の近くにある素敵なビストロでとても美味しかったです。木陰のテラス席が用意されていて、ジャガイモやズッキーニなど新鮮で濃厚な味わいの夏野菜を堪能しました。メインディッシュは、私は鴨にしましたが、各自好みの食材でオーダーし、全員とても満足していました。


『ル モンジュヴァン』で昼食の頂いたメインの一皿

|かなり充実したスケジュールですね。移動は大変ではなかったですか。

そうなんです。ワイナリーと昼食以外はずっと車に乗っている感じでした。移動距離が長く、ランチの予約に遅れそうだったんですが急いでいただけて、お店に着いたのはラストオーダー間際につくことができました。

そういえば日本出発の直前まで、ワイナリー巡りの参加者が1人分未確定で、借り出す車を何にするかで、エンビさんにご面倒をおかけしたのです。結局、4人になったので、大きいワゴンタイプを頼んで正解でした。

ロコさんのおかげで、一歩踏み込んだリヨン旅行を満喫

|ワイナリー巡りを終えてからの感想を教えてください。

予定より30分遅れの18時半にホテルに到着しました。さすがに少し疲れはしていたものの、とても充実感がありましたね。試飲したワインはどれも素晴らしく、中でも私は「シャプティエ」で飲んだコンドリューとエルミタージュに惹かれました。

また2軒目に訪れた「イヴ・キュイロン」では、日本酒が大好きなオーナーがわざわざ日本から山田錦米を輸入して造ったお酒「暁」をお土産に購入。帰国後、早速頂くと甘い香りが立ち、とろけるように美味しく、あっという間に飲み干したくらいです。そんな予想もしていなかった貴重な経験もできました。

忘れられない1日を演出してくださったエンビさんご夫妻と別れるときは、名残惜しくて涙が出そうでした。そういえば、移動の車中でも、リヨンでオススメの場所やレストランなど、ワイン以外でもいろいろとプラス・アルファの情報(リヨンにあるラーメンの名店やポール・ボキューズ市場の詳細など)も教わり、また、人気のブション(郷土料理店)の予約までしていただいて……。本当に心から感謝しています。


お土産に購入した「イヴ・キュイロン」の「暁」

|トラベロコの利用を検討している方へ、ひと言お願いします。

お支払いした金額は、お世話になった内容に比べてリーズナブルに感じました。今まで旅行は、仕事もプライベートも自分たちでコーディネートしていて、今回、初めて現地に住むロコさんを頼ったところ、とても満足のいくものでした。

ロコさんにとても恵まれ、ラッキーも重なったのかもしれませんが、機会があれば、次回もトラベロコを利用できたらと思います。

結果的に終日の観光が満足のいくものになったのは、時間がなかったため、こちらの好みや予定をできるだけ具体的にお伝えしたことが要因かもしれません。ロコさんとのやりとりの中で相性や好みを確かめ合い、お互い納得してから依頼することが大切なのではないでしょうか。

素敵なお話ありがとうございました。

リヨン在住ロコ一覧▶https://traveloco.jp/lyon

リヨン在住ロコのサービス一覧▶https://traveloco.jp/lyon/services

ユーザーのインタビュー一覧▶https://blog.traveloco.jp/u-interviews/

気になる都市を見てみる▶https://traveloco.jp

トラベロコに無料登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る