» » 【ユーザーインタビュー】医療通訳から観光案内まで!歯科医院視察にトラベロコを使ってみた

【ユーザーインタビュー】医療通訳から観光案内まで!歯科医院視察にトラベロコを使ってみた

2017年12月8日 現地案内・送迎・相談などユーザーインタビューバルセロナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコは、海外在住日本人(ロコ)が旅のお手伝いをしてくれるサービスになります。観光案内や、ビジネス通訳、食事のアテンド、現地でのサポートなど、自分のしたいことを自由にロコにお願いできる場所です。

今回、学会でスペインに行く同僚に合流する形で行かれた、歯科医師の小林さん。現地の歯科医院の視察がしたいという、一見難しそうな依頼も、現地に住んでいるからこその形で叶えられました。その後、分刻みで盛りだくさんなスケジュールで名所を見てまわり、大満足の旅行となったそうです。

利用都市:バルセロナ

利用目的:現地歯科医院の視察、観光

課題:「歯科医院」という、通常であれば部外者は立ち入れない施設への視察

依頼概要:視察のためのアテンド・通訳・観光案内

 

トラベロコをご利用された経緯を教えてください

歯科医師の学会が海外でありまして…スタッフ2名がその研修に参加することになっていました。せっかくなので皆で行って、スペイン現地の歯科医院などを見てきたらどうか、とそのスタッフから提案がありまして…バルセロナで合流して、視察に行こうというプランを立てました。

実はその2名に合わせて、仕事も休みをとって、航空券とホテルを手配していました。歯科医院の見学に行くという日程の詳細も後から考えようと思っていたので…今回トラベロコというサービスを知らなかったら、視察も実現しなかった可能性が高かったです。本当に助かりました。

|いろいろ調べて、たどり着かれたのですね。

最初はスペインの医療機関を調べたり、観光名所を調べたりしましたが全然見つからず…かといって、現地の方とは連絡をとる手段がありませんよね。調べていくうちに、トラベロコにたどり着きました。

バルセロナ在住の方で、ロコさんのリストの上の方にいらっしゃる方にお願いしようと思って、Monicaさんに個別に質問のメッセージをお送りしました。とても詳しく答えてくださったので、お願いすることにしました。


risaバルセロナ在住ロコ Monicaさんがあなたの旅のお手伝いをします

居住地:バルセロナ
現地在住歴:バルセロナとマドリードで約7年間(メキシコとスイスでの居住経験も有り)
使える言語:英語、スペイン語、カタルーニャ語
職業・所属:フリーランス通訳(日本語⇔スペイン語がメイン)・翻訳(日⇔西、カタルーニャ語→日、スペイン語⇔英語)、アテンド通訳、商談・交渉、各種コーディネイト、医療通訳 など
得意分野:商談通訳、翻訳、技術通訳、見本市、展示会、伝統文化、スペインリーグ、サッカークラブ商談通訳、グルメ、バル、ワイン、ワインセラー巡り、レストラン巡り、アート、ミュージアム、仕入れ買い付けアテンド、スペインのファッション、イベント、車のチャーター、ガウディ建築群


|取材もされているベテランの方にお願いされたのですね。

Monicaさんにお願いしないと病院の視察なども行けなくなってしまうので…始めから、歯科医院視察の旨を伝え、必ずお願いするので、予定を空けておいて頂けますかとお願いしました。行くことが決まっていて、内容が何も決まっていないので…なんとかしてください、と(笑)

|Monicaさんにお願いされた決め手はありますか?

他の方は観光案内をメインにされていましたが、Monicaさんは医療通訳などもされている、とプロフィールに記載がありました。お願いして、間違いなかったです。

|行くと決められたのはいつ頃ですか?

5ヶ月ほど前ですね。ずっとどうしようかと皆で話していまして、Monicaさんにご連絡したのは1ヶ月前でした。そこから急速に物事が決まっていきました。

|行き先はMonicaさんからご提案がありましたか?

最初に僕たち4人が興味のあるところをピックアップしてお伝えして、自由な日が2日間あったので、遠いところや時間がかかりそうなところは、自分たちで行く方法を教えて頂きました。

バルセロナ市内の見て回れそうなところは、一日かけて全部案内して頂きました。朝10時に集合して、夕飯を食べて21時頃解散と、本当に朝から晩まで一緒でした。

行きたい場所の仕分けも全部して頂いて…海に行きたいと言っている人がいて、「海に行きたいなら、どこの駅から何に乗ってここで降りて…」という行き方まで教えてもらいました。その海とスタジアムは自分たちで行きました。

|何日ほどの旅行でしたか?

学会に行ったスタッフたちは1週間ほど滞在したと思います。僕たち後追い組は飛行機での移動を含めて5日間で行きましたので、スペイン滞在2日間くらいでした。短すぎて無駄にできない2日間でしたので、なおさら助かりました。

歯科医院視察から始まり、分刻みのスケジュール

|具体的にはどちらに行かれましたか?

朝集合して、少し歩いて回って、その後は大きめのタクシーで移動しました。6人乗りくらいの車が、タクシーの10台に1台くらいの割合で走っているのです。日本ではあまりない文化なので面白いですよね。

まず、100年くらい続く、スペイン中心地の歯科医院に連れていって頂きました。今は5代目の方だそうで、スペインの歯医者さんといえばここ、というほど有名な病院です。

Monicaさんの旦那さんが今通っているか、以前通っていたところだそうでして…日本から来る歯科医師が視察したがっていると交渉してくださっていたようで、快くご案内くださいました。

|スペインの歯科医院はいかがでしたか?

僕たちは予防歯科という考えで治療を行なっているのですが、実は予防歯科はヨーロッパが先進国で、見学させて頂いた医院もそうでした。具体的には、広い個室があって、医院の中に入って治療を受けたら誰にも会わないでゆっくりしてから帰れる作りになっています。個室の喫茶店のような感じです。

|先生たちはいかがでしたか?

実はインタビューを受けてくれたマリア先生は、歯の根っこの治療の専門医の方でした。歯の被せ物、歯列矯正をされているそうです。

というのも、実はヨーロッパの歯科医院は専門制になっています。人手が少ない日本ですと、どうしても人が少ないと一人でなんでもやらなければならないけれども、やはり一人でなんでもやるのは限界がありますよね。

|その後はどちらを回られましたか?

グエル公園に行って、世界遺産にも登録されていて、割と近くて行きやすいサン・パウ病院に行って、軽食を取り、サグラダファミリアに行って塔に登り、カサ・バトリョを見て、カサ・ミラを(カサ・バトリョ、カサ・ミラともにガウディ建築)外から見て、バルセロネーター漁港のレストランに行きました。

|盛りだくさんな一日でしたね!

そうですね。行きたいと伝えたけど行けなかったのは、グエル邸と、カサ・ミラの邸宅内でした。

|ロコさんご本人はいかがでしたか?

分単位のスケジュールで、団体旅行の添乗員さんのように時計見を見ながら動いてくださいました。
一緒に行った人も一番びっくりしていたのは、医療用語について詳しかったことです。スペイン語がペラペラでネイティブ並みで、現地の歯科医師ときちんと話せるほど知識をお持ちの方でした。

スペインは遠くてそんなに行けませんが、また案内してもらいたいです。

|医療視察ですか?

医療も観光も。

今回勢いで行っちゃったから、帰国後に世界遺産のテレビを見て、まだまだ世界遺産がたくさんあると気づきました。あと、現地に行かないとわからないことも多いですよね。

現地に住んでいる方に教えてもらわないと全然わからないこともたくさんあります。

水の話、食べ物の話、夜のレストランは要予約

|何か記憶に残るエピソードはありますか?

水の話、食べ物の話、夜のレストランは予約した方が良いと言われた話です。

|レストランの予約ですか?

それだけ聞くとよくわかりませんが、スペインの方は皆外食する文化で、20時くらいから食べ始めて22時23時くらいまでずっと食べているそうなのです。なので、日本みたいに1時間2時間でお客さんが入れ替わるということはあまりなく、閉店まで満室というお店が多いそうです。

外にあるテラス席まで、全部RESERVEになっていて驚きました。日本みたいに、ふらっと行って入れないのです。

|ちょっと思い立って飲みに行く、ということが難しいのですね!

そうそう、飲みに行く話で…ワインやシャンパンを飲む人がいたのでMonicaさんが教えてくれたのですが、スペインで取れたぶどうで作ったお酒をカバといい、どこのお店行ってもカバが多くて、しかもだいたい当たり外れなく美味しいのです。カパが美味しいので、外国のものを飲む必要がないそうです。

最近だとワインでもにせものがあるじゃないですか。純粋にぶどうから作ったものだけでなく、混ざり物がしてあったり。そういうにせものをつかまされる心配がないので安心ですよね。

行った先で飲んだカパは、新鮮な感じがして美味しかったです。

|日本は輸入食品大国ですものね。国内産のものが十分に美味しい、というのは素敵ですね。

あと、水の話もしてくれました。外国というと水は美味しくないイメージがありますが、スペインは普通の水でも美味しく、さらに飲泉まであるのです。普通のおいしいお水はフォンドールといって、日本で買うと500ml/250円くらいです。温泉の水はビッチーカタランといって、天然の炭酸水です。日本で買うと500ml/500円くらい。非常に高い(笑)

山の上の自然保護区で採れるもので、自然に塩分が入っているのです。ワインと同じく、外国の水を飲まなくても、自国の水だけで十分なのです。街中で売られているものはだいたいスペインの水ですよ、と教えてもらいました。

|日本も見習わねばですね。

たとえ食事とかだけであっても、いろんなことを知っている方と行くと面白いです。例えば何日間か旅行に行く方だったら、1回2回ロコさんと食事すると、その国の文化などが深く知れて良いと思います。

ロコさんは、単なる案内の方とは違いますよね。団体旅行だと大したことないお店に連れて行かれることが多いですが、トラベロコならロコさんが良いと思ったところに案内してもらえます。

飲食店にしても、ローカルで美味しいところはメニューがスペイン語のみのところもあって、本当にわからないです。そんな時にロコさんがいるのといないのとでは、その時間の密度がかなり変わってきます。

「トラベロコの利用前提で旅行を組んでも面白そう」

|またトラベロコをご利用されますか?

また利用しますし、トラベロコの利用前提で旅行を組んでも面白そうです。行きたいところはなんとなく決めて、ロコの方を探すのです。

一週間旅行するとしたら、丸一日は美味しい物食べて色々みたいという要望を伝えて、ロコさんとの日を決めてから、旅行全体の日程を決めた方が良さそうですね。

日本で得られる情報だけで、現地行ってからバタバタするのと、現地の方のここは鉄板でしょという情報を事前に聞いておくのとでは旅行の密度がとても異なります。

例えばお土産は、空港とかで見てもチョコレートかワインしかありませんよね。Monicaさんに教えて頂いたのですが、カサ・バトリョの内部におみやげ屋さんに良いお店があって、スペインのどこで買うよりも面白いものが売られていました。

ロコさんで良い方が見つからなかったり、お願いができなかったら難しいですが、良い方が見つかってお願いできたら、絶対またロコさんにお願いします。

|トラベロコのおすすめポイントを教えてください

実際に行ったりする前に、ロコさんの情報が開示されているので、「こんなはずじゃなかった」というミスは起きにくいと思います。旅行会社でも現地ガイドつきますとあっても、実際にどんな人が来るかわからないし、得意分野がわからない。日本語が少し話せればどんな人でも良いだろうという感じもありますので、そういうところと比較すると質は全然違います。

また、ある程度お願いしたいことが決まった時点で、費用が確定して、行く前に決済できるシステムも良いです。普通現地のオプショナルツアーを選んだりすると、料金はその場でドライバーに払ってください、とかじゃないですか。外国でお金のことでやきもきしたくないですよね。

ユーザーとロコさんの直接のやりとりはダメとか、ルール化しているのが安心です。よく考えられていて、ちゃんとした仕組みだと思います。

|トラベロコの利用を検討している方に一言お願いします

使ったことがない人は、外国に行って、やりたいことが100%できて、大満足で帰ってこられる人は少ないと思います。「もうちょっとこういうことしたかったな」とか、「レストラン行ったけど、読めなかったメニューなんだったかな」とか、思い残すところが何かしらあると思うのです。

3日間のうちの1日ですが、ほぼクリアになって、スペインのことはだいぶわかって帰ってこられました。もやもやしたものはほとんど残りませんでした。

せっかく思い切って海外に行くなら、わからないことや思い残すこと、やり残すことをなくすために、現地のロコさんに相談されたら良いと思います。例えば海に行って、海辺でワイン飲んでくつろいでみたい、とか、普通の旅行ではなかなか叶えられないと思いますので(笑)

案内してもらえることも、相談にのって頂けることも助かります。まずは一度、ロコさんにメッセージを送ってみてください。きっと素敵な旅が待っています。

貴重なお話をありがとうございました!
これからも充実した旅行となりますように!


バルセロナ在住ロコ一覧
https://traveloco.jp/barcelona

バルセロナ在住ロコのサービス一覧
https://traveloco.jp/barcelona/services

ユーザーのインタビュー一覧
https://blog.traveloco.jp/u-interviews

気になる都市を見てみる
https://traveloco.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベロコブログのトップに戻る